勉強会レポート

(第7回勉強会)平成8年10月19日 講師:金清 勝拡氏

珪藻土の住宅への利用について

 珪藻土とは 

珪藻土とは水中に繁殖した藻が化石化して出来た土で成分の80〜90%がガラスの原料でもあるSiO2,(二酸化珪素)で、火と酸に強い。かつ、多孔質であることから吸水性も高い。その特性を活かして、今、内装材としても、防水材としても、珪藻土の塗り壁が注目を浴びている。

 今回は、珪藻土商品の一つ「BLパウダー」の開発者である金清氏をお迎えして、開発の経緯及びBLパウダー塗り壁の特性等を説明していたたいた。詳しくは資料参照,

 お話を伺って

ビニールクロス貼りの上からでも施工が出来る点が、化学物質過敏症の方々の住まいをリフォームするのに最適な材料の一つとして考えられるのではないか,又 地下室等の露で困っている方にも吸湿性と不透水性を併せ持つうれしい材料ではないか。

 実際に施工する前には、その材料に慣れていただくと言う意味で、川崎市のモデルルームで毎土曜日に催されている、施工指導等に参加していたたくか、又は、町や市の左官組合が講演をお願いして、実際の材料を手にしてもらうことをお勧めします。

                                    (寺川)

 

戻る