設立の趣旨



 新築の家に入ると、目がちかちかしたり、気分が悪くなったりしたことがありませんか。
 これは、主に壁や床に使用されている合板の接着剤やビニールクロスを張る為のノリから気 化した有害なホルムアルデヒドや壁紙の可塑剤が揮発して刺激するためです。
 最近では、ア ルミサッシの普及に伴い住宅が気密化され、換気率の低下に比例して化学質の溜まる絶対量 が増えております。
 また、シロアリ駆除やダニ防止シート等にも農薬のスミチオンが使用され、 農薬として使用される時には、農薬取締法の規制を受けるにもかかわらず、建築で使用する 際には、何の規制が無い実態であります。 
また、子供達の中に、アトピー性皮膚炎や喘息の 患者が増え、大人にも化学物質過敏症といわれる症状を訴える人たちがいます。医療関係者 からは総称して<シックハウス症候群>と呼ばれています。

 最近の住宅では、ほとんどがこのような建材で施工され、工法を問わず内装には、ビニー ルクロスが主流を占め、木材等も輸入材には防腐や防虫処理の薬剤が散布されております。
 知らず知らずのうちに私たちの生活の中に化学物質が入り込み、室内環境が汚染されている
のです。
食料品は、口に入るので早くから注目され、有機野菜や無農薬食品がもてはやされ ていましたが、建築の分野は今まであまりにも無頓着であったようにおもわれます。



設立の趣旨 | 活動の趣旨 | 環境問題



設立について | 会 則
活動内容インデックス | ひかりのさとプロジェクト
資料のページ | リンクのページ | 事務局より
copyright(c) 1997-2012 CN-NET
このサイトへのお問い合わせは info@cnnet.jp まで